パソコンを使う

開発部門でのコスト削減にkubernetes等のOSSを使おう

全く何もない状態から、ソースコードを書き始めソフト開発やシステム構築を行うというのはとても大変なことです。完成までに時間がかかればかかるほど、エンジニアに支払う報酬を始めとした様々なコストがかさむ状態となります。こうしたコストを削減する方法の一つが、ソースコードを自由に使えるオープンソースソフトウェアの活用です。
OSSは、無償で使える上に入手したソースコードに対し自由な改変を加えることができます。一からソースコードを書き出して開発するためには莫大な費用が必要となりそうな、kubernetesであっても完成した状態で使うことができます。kubernetesもOSSの一つのため、使いやすいように改変を加えた状態でシステムに組み込んでいけるというメリットがあります。OSSといえば、サポートなどがなく、企業のシステム構築には向いていないのではないかと考える人もいるでしょう。
しかし、サポート付きのOSSというのも珍しくない上に、サポートがない場合でもエンジニア同士で情報交換ができるコミュニティが用意されていることが多くなっています。そのため、コスト削減をしたい時は、積極的にOSSを取り入れることを考えておいて損がありません。

更新情報

ニュース一覧